大金が必要でリスクもある?新しい不動産投資の形

大きな資金がなくても投資が可能

不動産に投資したい場合、一戸建て、マンション、土地などを購入することになります。当然大きな資金が必要になります。既に土地などを持っていればよいですが、今から投資をする場合にはローンなどを利用しないといけません。j リートは、日本の不動産に投資を行うファンドです。毎月1万円ぐらいから積立投資をすることが出来るので、定期預金をする感覚で行うことが出来ます。もちろん大きなお金があるときに一気に投資をすることも可能です。

分散投資なのでリスクが軽減される

不動産投資をしようとマンションを購入することがあります。しかし、何らかの理由でその立地での投資がうまくいかないことがあります。あまり何件も投資をすることはできませんから、一つの物件で損が出るとその影響は大きくなります。j リートは、日本の不動産に対して投資をする投資信託です。資金を集めて投資を行いますが、一件だけに行うのではなく、広く日本中の不動産に投資をします。分散投資を行うので、リスクが低くなります。

不動産取引にかかる手数料などが不要

不動産の取引をするとき、購入するための費用が必要です。それ以外にも税金を支払ったり、手数料を支払ったりする必要があります。固定資産税などは毎年かかるコストです。支払額が多くなるだけでなく、支払いの管理も大変です。j リートでは、日本の不動産に投資をしながら、自分自身は不動産取引の手続きなどはしません。ですから、不動産に関わる税金や手数料の支払いは不要です。投資信託に関わる手数料などはありますが、それほど難しくありません。

jリートのファンドの人気が高いのは、他の商品に比べて利回りが高いからであると考えることができます。