司法書士試験は、学力もそうだが、試験対策が何よりも重要

難関資格・司法書士試験

司法書士試験に関してですが、司法書士試験は難関国家資格のひとつとして一般的に知られています。弁護士になるための資格を得るために受験するものは、司法試験といい、混同しないようにしましょう。受験生は、毎日、テキストや問題集をこなさなければなりません。はたして、司法試験に次ぐ難易度と言われる司法書士試験は並大抵の努力では合格することは無理です。膨大かつ専門的な難関問題が出題されるからです。法学部を卒業した人でもそうです。当然ながら、法律知識について何も知らないという人が始める場合は、さらに多くの努力を要するとされています。

いったい、何時間勉強すればいいのか?

こうした難関な司法書士試験に合格するためには、いかほどの勉強時間が必要なのでしょうか。司法書士試験に合格するために必要な勉強時間は、1位・司法試験の8000時間、2位・公認会計士の5000時間に次いで、3000時間と言われています。無論のこと、3000時間という時間は、何も知らない0から司法書士の勉強を始めた人間が合格するための時間ではありません。法学部を卒業した人や、ある程度、法的知識がある人が対象のものです。ですから、法律知識について何も知らないという人が始める場合は、さらに多くの時間を要するとされています。

ガムシャラにやってもダメ

3000時間という膨大な時間はあくまで目安です。当然ながら、それ以上かかる人もいれば、それ以下の時間で済む人もいます。こうした差異は、どこで生じるものかというと、学力や理解力の差も無視はできませんが、試験対策が何よりも重要で、試験対策こそが合否に大きく影響しているようです。司法書士試験の試験範囲は相当広いですが、試験対策をすることにより、コツを掴めば、膨大な試験範囲から選択をし得るものであって、大幅な試験時間を削減できます。やり方次第で、少ない時間で合格を狙えます。

司法書士の試験は、合格率約3パーセントの難関試験です。実務家登用試験なので、試験内容は実務に直結した専門的な内容が出題されます。