どうしてお得?税理士に相続税の相談をする理由

自分でもやれることではありますが

相続をするときに何をすればいいのかなんて、まず分かりませんよね。何となく相続をする資産の価値によって納める税額が増減する、といった感じのぼんやりとしたイメージくらいしかないものです。そんな状態で突然相続税の納付をしなければならなくなったらどうしたらいいのでしょうか。税務署には相談窓口があって分からないことは教えてもらえますので自分でも手続きは可能です。それでも税理士に頼るケースが多いのはどうしてなのでしょうか。

自宅にあるもので相続対象のものは分かりますか?

突然相続をするような事態になったとしましょう。では、あなたや兄妹が相続するもので相続税の対象になるものがどれか、全て分かるでしょうか。土地や家屋まではそうだとすぐに分かりますが、おそらく家の中には色々な物がありますよね。全てについて調べていくことはとても時間がかかり難しいものです。更には資産価値の鑑定までしなくてはならないのですが、相続に強い税理士であれば鑑定業者との橋渡しも慣れたものですから、とてもスムーズに進みます。

払い過ぎないためにはどうすればいいのか

資産として計上するものを全て把握しているとしても、これを資産価値として数字にするのは大変なことです。例えば車を売る価格にしても業者によって千差万別ですよね。売る時には高く買ってくれる業者を探しますが、これが相続の場合にはどうなるのでしょうか。資産価値を金額に直して税額を計算するので、今度は安く値をつけることになります。でも、資産の一つ毎にそれらを探すのにはどれくらいの時間がかかるのでしょう。こういった問題を迅速に解決する手段は、相続案件の処理を主にしている税理士の伝手を利用することになります。

相続の申告を税理士に依頼することで、節税できるポイントを見落とすことが無くなります。安全に相続するには税のプロに任せることをお勧めします。