どんな場面で心理学は、役に立つものなのか?

心理学をどのように摂り入れるといいのか?

心理学と一口に言っても、様々な状況・場面において使われています。まず、根本的な理(ことわり)について書いていきます。心理学を学ぶにあたって、何を知るべきかということです。「心と心」または、「心と身体」の結びつきです。人は生きている限り一日に、約400近くのストレスに見舞われています。「心」が平穏に保たれ、「身体」に負担が掛からない生き方が出来ている人は、そんなにいないと思います。大抵の人はその繋がりがうまくいかないことで、バランスが取れずもがいています。そういった意味ではまず、「心と身体は、一心同体だ」ということ覚えておきましょう。

人の心を良い意味で利用するには?

人の心を良い意味で利用することで、その人の能力を2倍・3倍に発揮させることが出来ます。それはどうすればよいのでしょうか?「皆一緒に仲良く学ぼうなどの考えでは駄目だ」ということです。なぜなら人それぞれ個性があり、考え方も育ってきた環境も、理解力も異なるからです。それを心理学を利用することで、より大きな成果を上げることが出来ます。価値観が違う人同士がうまく共同し合うには、それぞれの得意な面、言われて「嬉しい」と感じることを、少し大袈裟に褒めてあげることも大事な要素です。

人をやる気にさせる魔法のような心理学とは?

人は元来、けなされること、嫌な気持ちになることに敏感な生き物です。それは感情というのモノがあるからです。嬉しいことや感謝の言葉を掛けられると、自分や他人に優しくなれます。損得勘定を抜きにして動ける人もいれば、常に計算高く自我の抑制が利かない人など実に様々な人種がこの世の中にいます。それこそ「人をやる気にさせる魔法のような心理学」があれば、ストレスに負けない精神力・モチベーションを向上し続けることは訳ないです。頭の切れる人には、頭脳系でやる気にさせ、上から強く言われるとお腹が痛くなる人には、プレッシャーを与えないように、マイナスのワードをプラスのワードに変えるだけで、モチベーションが上がります。例えば「のろまな人」だと言われると落ち込むけれど「落ち着きがある」と言われると嬉しかったり、「図々しい」と言われると、そんなことはないと意地を張りたくなるが、「あなたは押しが強いから営業向きだね」と言われるのでは、心と身体の状態がよりしっかりしたものに変わることがあります。心理学というのは、そういう言葉の使い方一つで、魔法のような要素が生まれるのです。そういう学び方があることを忘れないでください。

心理学の大学を賢く選ぶことで、将来の目標に応じた授業を受けることが出来、優秀な教授陣からのサポートを期待することも可能です。