自分でやって大丈夫?相続税の対策から申告

資産がたくさんあるなら事前に相談

資産がある状態で亡くなると、その資産は家族や親族に相続されます。相続されるときには、場合によっては相続税がかかることがあります。かつては、よほど相続の価値が高くないと課税されることはありませんでしたが、最近法改正があり、以前より適用される人が増えています。もし資産が多いなら、税理士に相談しておくと良いかもしれません。すぐには準備できないこともありますから、事前にしておくことで、払うお金を減らせるかもしれませんよ。

税理士に依頼しないとチェックが厳しい

税金の申告をするとき、税務署に必要な書類を提出します。確定申告などは個人で行う人も多いでしょう。それほど難しくありません。でも、相続税となると簡単ではありません。現金預金などなら簡単ですが、不動産などはそれがわかる書類などをきちんとそろえる必要があります。そのうえできちんと計算する必要があります。税理士ならきちんと計算してくれますが、素人が行うとどうしても間違いが多くなります。税務署もそれを知っているので、入念にチェックされます。

控除できるのに知らないと控除できない

税金の計算では、税金の素になる金額に税率をかけます。所得税なら所得を足して、費用などを控除して計算をします。もし所得が差し引き0やマイナスになれば、税金は0になります。相続税の計算も同様に計算をします。亡くなった人の資産がプラスで、そこからいろいろなものを控除して、もし0いかになれば税金はかかりません。この時、素人だと何を控除したらよいのかわからない場合があります。税理士であれば控除項目などを把握しているので、控除漏れなどはありません。

相続税の税理士の対応の良しあしを見極めることで、遺産相続などの際に色々なトラブルを解決することが可能です。